パーソナルツール
現在の場所: ホーム 研究

研究 - Research -

甲斐研究室の研究分野、研究トピック、発表論文・受賞、共同研究、過去の研究テーマ

研究分野・研究トピック

  • 研究分野 :
    • 音声言語情報処理
      • 音声認識システム
      • 音声言語処理システム
      • 音声ドキュメント検索システム
      • マルチモーダルインターフェース
    • 音楽情報処理
    • パターン情報処理
  • Field of Research:
    • Spoken Language Information Processing
      • Speech recognition system
      • Spoken language processing system
      • Spoken document retrieval system
      • Multimodal interface system
    • Music Information Processing
    • Pattern Information Processing
  • おもな研究トピック(今後予定しているものを含む)  Recent topics
    • 話し言葉の高精度な音声認識・理解・検索技術の開発 (Robust Spontaneous Speech Recognition/Understanding Systems, Spoken Document Retrieval Systems)
      • 大規模な音声言語資源(Web資源を含む)を利用した効果的な音声言語のモデル化、知識獲得(機械学習)技術の開発
      • 環境の違い(話者・話し方・雑音・残響など)に頑健な音声認識・理解・検索技術の開発: 例)ハンズフリー(遠隔マイク)による自動音声認識システム
      • 会議や講義などの長時間収録音声向けの音声情報処理技術の開発: 例)音声区間検出(Voice Acitivity Detection: VAD)話者ダイアライゼーション(Speaker Diarization)、複数話者混合音声の分離、など
      • 関連キーワード: 確率モデル,機械学習(Machine Learning),深層学習(Deep Learning),雑音・残響除去,マイクロフォンアレイ など
    • 音声言語処理技術を応用した各種音声言語応用システムの開発 (Application of Spoken Language Technology)
      • 誤認識や未知語に頑健な大規模音声ドキュメントの情報検索(Spoken document retrieval)システムの開発
      • 自動音声認識技術を用いた自動字幕システム、聴覚障がい者支援のための自動字幕化を想定した字幕修正支援システムなどの教育支援技術の開発
      • 誤認識に頑健な対話方策の最適化による効率的な対話的音声入力インタフェースシステム(Interactive speech interface system)、音声対話システム(Spoken dialogue system)の開発
      • Web技術や他のモダリティ情報の併用による効率的かつ頑健なマルチモーダルインタフェース(MMI)システムの開発
      • 音声認識・韻律分析などの音声情報処理技術を応用した語学学習支援システムの開発
      • 音楽情報処理技術の開発
      • 関連キーワード: 類似箇所検出(スポッティング), 信頼度推定,個人特徴抽出,強化学習,音源分離 など
    • パターン情報処理技術の応用システムの開発
      • 自動車の運転行動信号(アクセル、ハンドルなど)パターンのモデル化による運転状況認識技術の開発

発表論文・受賞

    • 発表論文リスト
    • 受賞
      • 2015.12.03 上田 雄磨 (甲斐研究室 修士2年)が電子情報通信学会音声研究会(第17回音声言語シンポジウム)において学生ポスター賞を受賞しました。[音声研究会HP][静岡大学HPニュース記事]
        発表タイトル: "Reverberation-aware Denoising autoencoderによる遠隔発話音声認識"
        (上田雄磨, 王龍標, 甲斐充彦, "Reverberation-aware Denoising autoencoderによる遠隔発話音声認識", 信学技報, vol. 115, no. 346, SP2015-77, pp. 55-60, 2015年12月)
      • 2016.8.6 竹村 航(甲斐研究室 修士2年)が第20回東海地区修士中間発表会においてポスター賞を受賞しました。
        発表タイトル: "DNNに基づく特徴量変換を利⽤した話者ダイアライゼーションの精度改善"
      • 2017.12.12 寺田侑司(甲斐研究室 修士1年)が2017年度IEEE CES West Japan Chapter Young Researcher Award(若手論文賞)を受賞しました。[IEEE CES West Japan Joint Chapter HP]
        発表タイトル: "Investigation of Efficient Semi-automatic Correction Method Using STD for Automatic Captioning"
        (Yuji Terada, Kenta Tamiya, and Atsuhiko Kai, "Investigation of Efficient Semi-automatic Correction Method Using STD for Automatic Captioning", Proc. IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2017), pp.418-419, Aichi, October 2017.) (DOI: 10.1109/GCCE.2017.8229451)

    共同研究

    • 企業との共同研究
      • 電話音声認識および検索(証券会社の営業員の全通話テキスト化のサービス導入への技術協力事例、2018.1.30発表)
    • 大学の共同研究
      • 音声言語情報処理技術(音声対話システム、自動音声認識、その他音声信号処理一般)

    過去の学生研究テーマ